.9について つらつらと 

眠いけど寝れないので

個人ボイスドラマサイト .9 についてちょろっと

変に真面目モードなのでご注意下さい


俺はボイスドラマサークルに入ってるわけですが、あえて個人でボイスドラマを始めました
始めましたというと聞こえはいいけど、試してみたかったんだよね

色々あって、1年くらいがすぎて
変わらず仲良くしてくれる人もいて
1人にさせないようにと思ってくれてる人もいて
その人達とまたいつかボイスドラマを作りたくて、まずはシナリオの勉強を始めた
シナリオがないと、なにも始められないから
でも俺は自分の話に自信はないし、それを自らボイスドラマにしようだなんて思えなくて
そんなもので「一緒に作ろう」なんて言えなくて
だから、少しでもマシなものが書けるようになろうと勉強を始めた
まだ勉強は第一段階が終わったところ

勉強しっぱなしだとおかしくなりそうだったから、少し違う事をしようと思った
それが短いボイスドラマを作ること
そのために.9を作った

でもそれはあくまでも個人で、サークルのような形にはしたくなかった
管理が云々とかもなくはないんだけど、なにより守りに入る感じがして嫌だった
仲の良い子を囲うみたいに思えて、それじゃぁ何も変わらないと思った
メンバーも、環境も、刺激も、世界観も、なにもかも
そう思ったら団体というものがひどく籠のように思えてしまって
素人ながら少しでも上をと思っているのに、これじゃぁ自分で壁を作ってしまうと思って
だから全くの一人で、全部公募にした
あ、音声編集だけは違うけど
ここだけは絶対に使いたい音源を手に入れられるかが分からなかったから、知り合いに聞いて編集を頼んだ(その音源が見つけられなかったら、企画自体をやめるつもりだった)
応募してくれる人がいるかも分からなかったし、不安要素は色々あったけど、今のところ順調にいってる
とても有難いことだ

個人で始めた理由はもう1つある
それは個々の意識レベルの差
これがリアルの、例えば劇団とかだったらその時点でだいぶ振り分けられると思う
でもネットは違う
敷居は低いし、求めるものも様々
どうしてもそこで演技にも差が出てしまう
俺なりの最高値を出したいと思って脚本を書いても、メンバー同士の馴れ合いでクオリティが下がることもある
イメージと合う役者がいなくても、その中でやらなきゃいけない
そういう枠に囚われないところで作ってみたかった
みんなで楽しく作るのも、勿論いいんだけどね
てかそもそも、俺はそんな偉そうなことが言えるほどのものは書けないんだけど
まだまだ勉強中

知り合いに声をかけなかったのは、少しだけ悪かったかなと思ってる
でもまぁ見てるかどうかは別としてTwitterは相互してるし、そこで気付いて応募してくれたら贔屓目なしで選ぶつもりではあったんだけどね
ただ、もう別の場所があるからとか、お前らとは作る気がなくなったとか、そういうんじゃないんだ
いつまでも仲間内だけで固まるのは良くないと思っただけで、どうでもいいと思ってるわけじゃない
それは分かって欲しいなぁと思いながらも、本人達には言わずここにダラダラ書いてる時点で、ね
伝わらなくてもいいと思っていたりもする
言わなければ伝わらないからね、そんなの良くわかってる
でも、そんな事言えないじゃないか
そもそもは、いつかまたアイツらと作品を作りたいという気持ちが全ての動機なんだ
散り散りになってしまったものは戻せないし、あの頃に戻りたいとも思わないけど
個々になってしまったヤツらと、今度は前とは違う形で繋がりを持てたらいいな
…なんて、どの口が言えるっていうんだ

俺には力がないから、まだまだ準備期間中
仲間内で楽しく、それでもクオリティの高いものを作れたらそれが一番なんだけどね
両方は無理だよ
未熟な俺は親しいとただでさえ鈍い感覚が更に鈍ってしまうから

仲間と適当な時に作りながら、公募でクオリティを求めたものも作っていって、ついでに少しだけ人脈広げられたらなーなんて
そんな甘く欲張りな事を考えて作ったのが.9です(笑)
なんか支離滅裂だね
思ったこと片っ端から書いてるから仕方ないね

なんでボイスドラマなんだろうってたまに考えるけど、答えはまだ見つからない
他の媒体にはない制約と表現力があるからかな…?
文字はない
絵もない
動かない
でも音はある
音だけで、人はどこまで魅力的な物語を紡げるんだろう
関連記事
[ 2012/06/23 04:21 ] 質問 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
Writer
投稿人:霞月楼
管理サイト  Rainy Flower-雨花-






Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

Calendar
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Menu
Capricious Bookshelf
Access Ranking
[ジャンルランキング]
日記
5963位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2133位
アクセスランキングを見る>>